「まんま大豆」vol.4

2016年05月13日 L'hirondelle企画室の日常

こんにちは、リロンデルです。

まんま大豆」レシピも第4弾となりました。

いろんなレシピを紹介してきましたが、やっぱりお肉の代用がイチオシ!

ということで、今回は、リロンデルのお料理コンシェルジュ・朋ちゃんによるお肉レシピを2品紹介。

どの料理も、お肉と“見間違える”ではなく“味間違える”ほどのレベルの高さですよ。

 

1品目は、「まんま大豆で名古屋風鶏手羽先」。

【材料】

・まんま大豆(鶏手羽先タイプ)………15本くらい

・片栗粉………適宜

・揚げ油………適宜

★しょう油………大さじ2

★みりん………大さじ1

★酒………大さじ1

★砂糖………大さじ1

(※★の調味料をひと煮立ちさせ、タレをつくっておく)

・ニンニクのすりおろし………小さじ1

・水………50cc

・白ごま………適宜

 

【作り方】

1)まんま大豆を水で煮て、やわらかくしておく。

2)水気を切ったまんま大豆に片栗粉をまぶし、160度から170度くらいの油で揚げる。

3)熱いうちにタレに絡め、白ごまを振る。

 

【朋ちゃんコメント】

「名古屋の手羽先の味付けが大好きなんです。

お酒にもピッタリで、もう一品足りない時のお弁当のおかずにも。

乾物としてストックしておける「まんま大豆」ってそういう時にホント大活躍。

この食べ方は、お肉大好き!お豆が苦手………な、近所の男の子もお肉と間違えて食べてくれたようで、ママもリピしてくれてるとか。

おススメですよ」。

 

 

2品目は、「まんま大豆で新潟B級グルメ~レモン和え~」。

【材料】

・まんま大豆(鶏ももタイプ)………7個くらい

・片栗粉………適宜

・揚げ油………適宜

★しょう油………大さじ2

★みりん………大さじ2

★酒………大さじ1

★砂糖………大さじ1

★水………50cc

☆レモン汁………小さじ1

☆レモンの輪切り………2枚ほど(小さめに切っておく)

☆パセリ………適宜

 (※★の調味料をひと煮たちさせたところに、☆の材料を混ぜてタレをつくっておく)

 

【作り方】

1)まんま大豆を水で煮て、やわらかくしておく。

2)水気を切ったまんま大豆に、片栗粉をまぶし160度から170度くらいの油で揚げる。

3)熱いうちにタレに絡める。

 

【朋ちゃんコメント】

「新潟県の人なら、一度は口にしたことがある鶏からのレモン和え。

まんま大豆で作る時は、そのままのタレだと染み込みやすく、どうしてもしょっぱくなりがちなので、水で薄めてあげることが、コツです。

本当のお肉と違って、中まで火が通っているか心配しなくてもいいので、時間も短縮できますよ」。

 

どちらがお好みの味かは、ぜひ作ってみてくださいね。