[tomoko’s blog] おはぎ

2015年09月16日 L'hirondelle企画室の日常

こんにちは、リロンデルです。

だいぶ、涼しくなって、朝晩は寒いくらいです。

リロンデルのお料理コンシェルジュ・朋ちゃんが、お彼岸にちなんで、おはぎを作ってくれました。

もちろん、リロンデルで!

甘さ控えめなので、男女問わずペロッと食べられますよ。

3合でだいたい14,15個作れるそうです。

お母さん、おばあちゃんの味「おはぎ」。

初挑戦!という方もぜひ「ママの味」目指して頑張ってみては?

◆材料◆

・小豆……500g

・砂糖……400g(今回はザラメ・・・100g、キビ砂糖・・・300g)

・塩………小さじ1

・もち米2:白米1の割合で(炊くときに砂糖大さじ1を入れると、時間がたっても米が固くなりにくいです)

 

◆作り方◆

1)小豆は良く洗って、一度茹でこぼす。

2)リロンデルに茹でこぼした小豆と、水1リットルを入れ蓋をして中火で煮る。

3)蓋の隙間から湯気が出てきたら、弱火にして1時間煮る。

4)蓋をあけて、100ccほど水を足してさらに蓋をあけたまま煮る。

5)完全に豆が柔らかくなったら、3回に分けて砂糖を入れ木べらで混ぜ溶かす。塩を入れ甘さを引き立てる。

・・・※豆が固いうちに砂糖を入れてしまうと、そこから煮てもなかなか柔らかくはなりません。砂糖を一度に入れてしまうと、豆が固くなることがあるので、数回に分けてくださいね。あんこは煮たばかりだと、柔らかめですが、冷めていくとおはぎで丸められるくらいに固くなります。

6)餅米と白米を合わせて溶いでおき、1時間ほど水にひやかしておく。

7)リロンデルに米と同量の水を入れ、中火で加熱。蓋の隙間から湯気が出てきたら、弱火にして9分炊いたら、火を消して10分蒸らす。

8)炊きあがったら、しゃもじなどで程よくすりつぶす。

9)適当な大きさに丸めておきます。

10)サランラップに1個分のあんこをひろげ、丸めたご飯を乗せ、テルテル坊主みたいにキュッキュッとしてできあがり。

小豆には利尿や便通を促進するサポニンという成分が含まれています。

ビタミンB1も豊富に含むため疲労回復やむくみの改善にも効くそうですよ。