長岡のっぺ

by terumi's L'hirondelle recipe

優しく済んだお出汁がほっとさせてくれる郷土料理
「新潟の郷土料理のっぺ。お正月料理の定番です。
これはその中でも長岡で一般的に作られる作り方です。
特徴としては材料を全て小さな乱切りにする事。
里芋は出来れば「土垂れ」をお使いください。里芋の中でもぬめりが強い品種です。
のっぺは里芋の粘りでお汁をとろりとさせてくれます。」

材料(6人分)

 
里芋 7個
人参 1本
こんにゃく 200g
ごぼう 1/2本
たけのこ 小1個
干し椎茸 4~5個
かまぼこ 小1個
ぎんなん 適宜
ホタテ貝柱 5個
さやえんどう 7~8個
 
出汁 2リットル
砂糖 大さじ1
薄口しょう油 大さじ1と1/2
小さじ2
大さじ3
みりん 大さじ2

つくりかた

 
1)干し椎茸は戻して、戻し汁をとっておく。ホタテ貝柱も戻して、戻し汁をとっておく。里芋、人参、こんにゃく、ごぼう、椎茸、たけのこ、かまぼこを一口サイズの乱切り(なるべく三角になるように)に切る。
1)干し椎茸は戻して、戻し汁をとっておく。ホタテ貝柱も戻して、戻し汁をとっておく。里芋、人参、こんにゃく、ごぼう、椎茸、たけのこ、かまぼこを一口サイズの乱切り(なるべく三角になるように)に切る。
 
2)さやえんどうは塩湯でして細かく切っておく。
2)さやえんどうは塩湯でして細かく切っておく。
 
3)リロンデルに水(ホタテと椎茸の戻し汁を合わせて)、人参、ごぼう、たけのこ、ホタテ、干し椎茸、こんにゃくを入れ、出汁パックを入れて火をつけ、沸騰したら里芋を入れて野菜が柔らかくなるまで煮る。
3)リロンデルに水(ホタテと椎茸の戻し汁を合わせて)、人参、ごぼう、たけのこ、ホタテ、干し椎茸、こんにゃくを入れ、出汁パックを入れて火をつけ、沸騰したら里芋を入れて野菜が柔らかくなるまで煮る。
 
4)かまぼこ、ぎんなんをいれ、出汁パックを取り除く。
4)かまぼこ、ぎんなんをいれ、出汁パックを取り除く。
 
5)調味料で味付けをし、さやえんどうを入れて器に盛り付ける。あれば、いくらや柚子の皮も添えるとお正月らしくなります。
5)調味料で味付けをし、さやえんどうを入れて器に盛り付ける。あれば、いくらや柚子の皮も添えるとお正月らしくなります。