白いんげんとりんごの豆きんとん

by terumi's L'hirondelle recipe

シナモンの香りときんとんの甘みが後引くうまさ
「白いんげんを使った豆きんとんです。
コツはしっかり水で戻すことと、茹でこぼして灰汁を取ること、本茹での時に一つまみ重層を入れる事です。
豆料理は時間がかかるイメージですが、リロンデルならしっかり保温してくれるので半分の時間でOK。
豆が柔らかくなっていることを確認してから砂糖を加えましょう。
リンゴの酸味とシナモンがふわりと香ってやみつきの美味しさです。」

材料(4~5人分)

 
白いんげん120g
りんご1/2個
 
重層ひとつまみ
砂糖80g
シナモン2~3cm

つくりかた

1)白いんげんは3倍の水に浸して8時間以上寝かします。
1)白いんげんは3倍の水に浸して8時間以上寝かします。
2)そのまま火にかけて沸騰してから3~4分、アクを出す。
2)そのまま火にかけて沸騰してから3~4分、アクを出す。
3)一度ザルに取り出して、鍋と豆に着いた灰汁をサッと流す。
3)一度ザルに取り出して、鍋と豆に着いた灰汁をサッと流す。
4)再び鍋に入れて水を1と1/2カップ入れて火にかける。沸騰して灰汁が出てきたらすくい取り、重層を一つまみ入れて蓋をして20分弱火で加熱する。そのまま20~30分置いておく。
4)再び鍋に入れて水を1と1/2カップ入れて火にかける。沸騰して灰汁が出てきたらすくい取り、重層を一つまみ入れて蓋をして20分弱火で加熱する。そのまま20~30分置いておく。
5)豆が柔らかくなっていたら再び蓋をあけたまま中火にかける。沸騰したら1cm角に切ったリンゴと砂糖の1/3量を入れる。
5)豆が柔らかくなっていたら再び蓋をあけたまま中火にかける。沸騰したら1cm角に切ったリンゴと砂糖の1/3量を入れる。
6)1/3量ずつ分けて砂糖を入れ、シナモンを加えて更に煮詰める。
6)1/3量ずつ分けて砂糖を入れ、シナモンを加えて更に煮詰める。
7)リンゴがしんなりとして全体にとろみが出たら火から下ろす。
7)リンゴがしんなりとして全体にとろみが出たら火から下ろす。