サバの味噌煮

by tomoko's  L'hirondelle recipe
美肌効果、中性脂肪を減らす優秀なサバの定番料理
「10月に入ると、そろそろ秋サバのシーズンです。
脂がのり、美味しくなりますね。
サバの煮つけにするなら真さばがおススメです。
選び方は表面の模様がはっきりし、胴が丸々張って、尾のところまで太り身がしっかりしている、そして目がつやつやしているものを選んでください。
サバはEPAやDHAを含み、悪玉コレステロール・中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やし、生活習慣病から守ってくれますよ。」

材料(5人分)

 
サバの切り身5切れ
味噌大さじ3
100cc
100 cc
みりん大さじ3
砂糖(あればザラメ)大さじ2
生姜薄切りにしたもの6~7枚ほど
ネギの青い部分1本分

つくりかた

下処理1)サバの皮に切れ目を入れ、塩を振り10分ほどおいておく。
下処理1)サバの皮に切れ目を入れ、塩を振り10分ほどおいておく。
下処理2)熱湯に少し水を足したくらいの温度のお湯に、サバを入れ箸で泳がせる。
下処理2)熱湯に少し水を足したくらいの温度のお湯に、サバを入れ箸で泳がせる。
下処理3)氷水を張ったボウルに入れ、ぬめり・血合いを取り除く。
下処理3)氷水を張ったボウルに入れ、ぬめり・血合いを取り除く。
1)リロンデルに★の調味料を入れ煮立たせたら、皮目を上にサバを入れ、落し蓋をして弱火と中火の間の火加減にして蓋を閉める。
1)リロンデルに★の調味料を入れ煮立たせたら、皮目を上にサバを入れ、落し蓋をして弱火と中火の間の火加減にして蓋を閉める。
2)鍋と蓋の隙間から湯気が出てきたら、蓋をあけ落し蓋を取り除き、味噌を溶いて入れ弱火にして蓋を閉め、5分ほど煮る。
2)鍋と蓋の隙間から湯気が出てきたら、蓋をあけ落し蓋を取り除き、味噌を溶いて入れ弱火にして蓋を閉め、5分ほど煮る。
3)弱火のまま、蓋をあけ水分を飛ばす。
3)弱火のまま、蓋をあけ水分を飛ばす。
4)汁気が濃くなってきたら、火を止めて出来上がり。
4)汁気が濃くなってきたら、火を止めて出来上がり。