リロンデルの使いかた

火加減は必ず! 中火か弱火で

リロンデルと長くお付き合いいただくために、
使い方とお手入れ方法をしっかり守ってくださいね。 

リロンデルの使い方

1. 調理方法

リロンデルは1台で4役 !!
無水はもちろん、時短調理が大得意。

→ 動画を見る
お味噌汁、スープ、煮物、お鍋料理など、リロンデルのお鍋はあらゆる「煮る」料理を短時間で作ることができます。出汁やお水を使った料理であれば、中火で湯気がでたら弱火で待つこと。簡単に出来上がります。

→ 動画を見る
ハンバーグから魚、オリーブオイルたっぷりアヒージョまで。気密性の高いフタをしめれば、油料理の飛び散りも心配いらず。中火で焦げ目をつけてから、弱火にすれば、保温でじっくりふんわりと仕上げてくれます。

→ 動画を見る
季節の野菜、お肉料理。少ないお水で素材本来の味を引き出してくれるのがリロンデルの蒸し料理。じっくりと蒸して、素材の色や味を最大限に引き出してくれます。メニューによって無水料理もできます。

→ 動画を見る
白米やピラフ、具だくさんの炊き込みご飯。リロンデルの鍋は厚手鍋だからこそ、炊いた後もじっくりと保温性にすぐれています。お米を炊く場合は、具材によって、炊き込む時間が異なります。

2. 火加減

おいしく仕上げるために火加減を覚えましょう

煮る・蒸す・炊く調理の場合 煮る・蒸す・炊く調理の場合

必ず 中火でスタート

必ず
<em>中火</em>でスタート

リロンデルで [ 煮る ][ 蒸す ( 水あり )][ 炊く ] 調理をする際、 火加 減は必ず中火からはじめてください。 焦げ付きの原因となるので強 火は厳禁です。

要チェック 沸騰のサイン

要チェック
<em>沸騰</em>のサイン

[ 煮る ][ 蒸す ][ 炊く ] など水分を多く使う調理法の場合、 沸騰すると 湯気が勢いよく 「シュー」 と出てきます。

最後は とろ火でコトコト

最後は
<em>とろ火</em>でコトコト

沸騰のサインを確認したら、 火加減をとろ火にします。 「とろ火」でコトコト煮ることで食材の味が最も引き出されます。 また、 料理時間とエネルギーの節約にもなります。

無水調理の場合 無水調理の場合

必ず とろ火でスタート

必ず
<em>とろ火</em>でスタート

リロンデルで [ 煮る ][ 蒸す ( 水あり )][ 炊く ] 調理をする際、 火加 減は必ず中火からはじめてください。 焦げ付きの原因となるので強 火は厳禁です。

要チェック 沸騰のサイン

要チェック
<em>沸騰</em>のサイン

[ 煮る ][ 蒸す ][ 炊く ] など水分を多く使う調理法の場合、 沸騰すると 湯気が勢いよく 「シュー」 と出てきます。

最後は 蒸し時間

最後は
<em>蒸し</em>時間

沸騰のサインを確認したら、 火加減をとろ火にします。 「とろ火」でコトコト煮ることで食材の味が最も引き出されます。 また、 料理時間とエネルギーの節約にもなります。

Check!! 熱源により火加減が違います

火加減1 火加減2 火加減3

3. ご使用になる調理器具の注意点

リロンデルの鍋は、電子レンジにはご使用できませんが、直火、電磁調理器(IH)、ハロゲンヒーターはもちろん、オーブンにもご使用になれます。

IH電磁調理器の場合、基本的には使用できますが、リロンデルの鍋の材質の性質上、「チリチリ」と音がでる場合がございます。また、IH電磁調理器具は高性能のものが多く出ており、ガスに比べると熱量に差があります。点火時には弱火から始め、様子を見ながら火力を調整してください。

リロンデルの製品は幅広い熱源に対応しております

※リロンデルはガスコンロでの調理方法を基準にしております。ホームページでのおすすめメニューに関しては、ガスコンロでの調理時間や調理方法を掲載しております。IH電磁調理器具によっては、調理しづらいこともある場合がございます。リロンデル鍋の機能を活かし、ガスコンロでご使用を推奨しております。


お手入れ方法

1. 使い終わったら

洗うときの注意点

固いスポンジや研磨剤、タワシを使用しますと、傷の原因になりますので使用しないでください。


水分をとって保管

リロンデル鍋は素材に錆にくいステンレス材を使っています。
洗った後に綺麗に拭いて自然乾燥してください。錆の発生は極端に低いです。


2. トラブルの時は

1. 焦げが隠れる程度水を入れ、 小さじ2~3杯の重曹を入れます。

2. 中火で沸騰させます。

3. 沸騰したら弱火で10分ほど煮まると焦げが浮いてきます。

※浮いてこない頑固な焦げは、 木べらなどで鍋底を優しくこすりま
す。

4. 焦げが落ちたらお湯を捨て、 柔らかいスポンジ等で洗って仕上げます。

( 鍋を少し冷ましてヤケドに注意してください。 )


使い方やお手入れで困ったときは

  • 新潟精密鋳造株式会社 L'hirondelle
  • 本社工場 0256-98-5121
  • L'hirondelle 企画室 0256-64-8776

お電話での受付時間 平日9時~12時、13時~17時