ホーローを長く使うための注意点

リロンデルの製品はホーロー仕上げです。

ホーロー鍋を長く使うための注意点をまとめましたので、ご使用の際にご確認くださいませ。

文字をクリックすると詳細が表示されます。

 


強火で使用しないでください 詳しく見る ▼

火加減が強い場合、急激な温度変化などの誤使用により、細かなヒビ割れが生じる場合があります。
使用し続けるとホーローのヒビや剥がれの原因になりますので、十分ご注意ください。
剥がれが生じた場合、ホーローリペア加工(有料)も行っておりますのでご相談ください。

空焚きはしないでください 詳しく見る ▼

空焚きは絶対にしないでください。
無水調理をする際も、水を少量入れ、水が蒸発していないかこまめに確認しながら調理を行ってください。
ホーローの破損や火傷などのケガをする危険があります。
空焚きをしてしまった時は、水を入れたりせず、自然に冷めるのを待ってください。
水を注ぐと、急激な温度変化でホーローにヒビが入ったり、傷ついたりする原因になります。

急激な温度変化を与えないでください 詳しく見る ▼

熱い鍋を冷たい水の中に入れたり、冷蔵庫で冷えた鍋をすぐに火にかけたりするような、急激な温度変化を鍋に与えないでください。

強い衝撃を与えないでください 詳しく見る ▼

強い衝撃を与えると、エナメル質のホーローにヒビが入る恐れがあります。

酸性・アルカリ性洗剤、研磨剤は使用しないでください 詳しく見る ▼

鍋を洗う際、硬いタワシ、メラミンスポンジの使用は避け、洗剤も酸性・アルカリ性洗剤、研磨剤などは使用しないでください。
上記のものを使用すると、ホーローのヒビや破損の原因になります。
鍋を洗う際は、中性洗剤とやわらかいスポンジをご使用ください。

金属製のお玉やスプーンなどは使用しないでください 詳しく見る ▼

金属製のお玉やスプーンなどを使用すると、ホーローに銀色の筋状の線(傷)がつき、ホーローのヒビや破損の原因になります。
金属製のキッチン道具は避け、木べらやプラスチック、シリコン製の、傷のつきにくい道具をご使用ください。

ホーロー同士が重ならないよう注意してください 詳しく見る ▼

お鍋を洗ったのち、水切りかごを使用する場合は、鍋本体と蓋を重ねないでください。
蓋の内側で構造上、くぼんでいる中央部分が、鍋本体に当たりますと、ホーローをこすってしまい、劣化につながります。
洗ったあとは、水切りかごには伏せず、布巾などできれいに水分を拭きとって、自然乾燥させてください。

お鍋は空の状態から火をかけないでください 詳しく見る ▼

お鍋は、中身が何も入っていない状態では、絶対に火をかけないでください。
空焚きの状態で火をかけると、ホーローの破損やヒビや剥がれの原因になります。
必ず、油、または材料を入れて、お鍋の中に何かしら調理する材料が入っている状態を確認してから火をかけるようにしてください。

焦がさないよう注意しながら調理をしてください 詳しく見る ▼

お鍋を焦がさないよう注意しながら調理を行ってください。
ホーローの破損やヒビや剥がれの原因になります。
油分や水分が出にくい食材(根菜類/魚/脂身の少ない肉類など)を調理したり、水分があっても、こまめに撹拌しながら調理を行ってください。

保管する場合は蓋を裏返し、または布巾などを挟めて保管してください 詳しく見る ▼

長期間、保管する場合は、蓋を裏返して本体に乗せてください。
または、本体と蓋の間に布巾を挟めて保管してください。
調理時と同様に、本体に蓋をした状態で保管すると、密閉率が非常に高いので湿気による錆びが発生する恐れがあります。

お鍋を保存容器として使用しないでください 詳しく見る ▼

お鍋は保存容器ではありません。
調理後、材料を入れっぱなしにして保存すると、ホーローの破損や錆びの原因になります。
お料理が残った場合は、保存用のタッパーなどに移し替えるなどして、お鍋を保存容器として使用しないでください。

お鍋を使用してのオーブン調理はなるべくしないでください 詳しく見る ▼

チーズに焼き目をつける程度のオーブン調理は可能ですが、長時間にわたってオーブン調理を行うことはしないでください。
長時間の強い火は、ホーローに負担をかけます。

グリルのみの調理は厳禁。炒め時間は短めに 詳しく見る ▼

グリル調理は可能ですが、グリルのみの調理には適していません。
グリル調理後は、水分の多い野菜、または水分のある調味料などを入れる料理など、煮たり・蒸し煮をしたりする調理を行ってください。

IH電磁調理器の火加減にご注意ください 詳しく見る ▼

IH電磁調理器の場合、基本的には使用できますが、鍋の材質の性質上、「チリチリ」と音がでる場合がございます。
また、IH電磁調理器具は高性能のものが多く出ており、ガスに比べると熱量に差があります。
点火時には弱火から始め、様子を見ながら火力を調整してください。
各ご家庭でご使用されている取扱説明書をご確認の上、ご使用ください。
なお、リロンデルはガスコンロでの調理方法を基準にしております。

IH電磁調理器で調理する場合の注意点 詳しく見る ▼

IH電磁調理器は、ガスと違い鍋底が熱くなります。
炊飯、煮物、カレーなどを調理する場合、蓋の隙間から湯気が出てきたら、撹拌をして中火から弱火への火加減をおすすめします。

IH電磁調理器では無水調理にはご注意を 詳しく見る ▼

野菜でも葉物野菜の場合、水分を多く含んでいることから無水調理が可能ですが、野菜の種類によっては水を加えることをおすすめします。
また、カレーなどは野菜が根菜類のため、材料を軽く炒めたのち100ccの水を加えることによって、焦げつきを防ぐことができます。
IHでの調理は、水を入れる、撹拌する事をおすすめします。